「サザンオールスターズ」同級生がその場しのぎで命名した

NEWSポストセブン / 2013年8月12日 7時0分

 8月7日、サザンオールスターズとしては約5年ぶりとなるシングル『ピースとハイライト』が発売された。さらに、8月10日からは全国ツアー『灼熱のマンピー!!G★スポット解禁!!』もスタートする。

 2008年の活動休止前の最後のライブで、桑田佳祐が7万人のファンを前に「皆さんにいったん、お預けします」と語った「サザンの屋号」。そのバンド名は、ひょんなことから生まれている。

 名付け親は桑田の小中学校の同級生で、ワーナーミュージックジャパンに勤める宮治淳一さんだ。それも、その場しのぎで付けたものだったという。

「別の大学に通っていたんですが、桑田たちのバンドも出るコンサートを企画していました。それで『ぴあ』に告知を出すことになったんですが、ぎりぎりになってもバンド名が決まらなかったんです」(宮治さん)

 一度は「考えておく」と言っていた桑田から連絡がなく、宮治さんは困っていた。

「締め切りの前の晩、風呂に入っていたら、ラジオから『サルサの帝王、ファニアオールスターズ、ついに来日』っていうCMが流れて、『ふーん、来日するのか』と思って、部屋に戻ってニール・ヤングの『サザン・マン』を聴いていたら、パッと『サザンオールスターズ』の名前を思いついたんです」(宮治さん)

 コンサート当日の出番前には、こんな会話があった。

宮治さん:「もうこの名前にしちゃったから、とりあえず今日はそれで出てくれ」
桑田:「わかった」

 そしてステージへ出て行った桑田は、観客を前に1曲演奏した後で、こう名乗った。

「みなさん、こんにちは。サザンオールスターズです!」

 そのバンド名に対するこだわりのなさは、後に歌詞について「料理でいうところのお皿のようなもの」と語ったのと重なる。サウンドを鳴らすこと、それがすべてだったのかもしれない。

※女性セブン2013年8月22・29日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング