元日本軍兵士 木に括りつけた中国人を銃剣で刺したと明かす

NEWSポストセブン / 2013年8月13日 7時0分

 戦後生まれが1億人を超え、総人口の8割近くに達している。第二次世界大戦終了から68年。を直接知る者は年々減り、当時の実態を証言できる者は限られてきた。今こそ元日本軍兵士たちの“最後の証言”を聞いてみよう。ここでは元陸軍第62師団独立混成第4旅団独立歩兵第13大隊兵士の近藤一氏(93)の証言を紹介する。

 * * *
〈近藤氏は大正9年生まれ。昭和15年12月、20歳で徴兵。中国に送られ、山西省遼県(現・左権県)の陸軍第62師団独立混成第4旅団第13大隊に歩兵として配属。昭和19年8月沖縄に移り、20年4月~6月の激戦を経験。〉

 中国に着任して最初の4か月は現地で初年兵教育を受けた。今にして思えば、この現地教育は「人を殺す人間になるための教育」だった。

 ある時、木の幹に括りつけた中国人2人の前で下士官が「刺殺訓練をする」と言った。私たち初年兵(約70人)は彼らから30メートルほど離れて二列縦隊で待機。「突けっ」という号令で、先頭の2人が銃剣を装着した三八式歩兵銃を抱えて走り、相手の左胸に突き刺した。その後も順番に繰り返し、7~8番目だった私は、すでにぐったりとしていた中国人を刺した。思っていたより軟らかい感触だったのを覚えている。

 また別の日、手足を縛られ座らされた中国人を前にし、下士官が中国製の青竜刀を手に「今日は首切りを見せる」と言った。青竜刀を振り下ろすとスパッと切れた首が地面をコロコロと2~3メートル転がった。人の首を斬るのは簡単だと感じた。「ひどい、残酷だ」などとは思わなかった。

●取材・構成/池田道大(フリーライター)

※SAPIO2013年9月号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング