酷暑で中年男の短パンにも市民権「バブル文化も影響」と識者

NEWSポストセブン / 2013年8月18日 7時0分

 いま、短パン(ショートパンツ)を履く男性が増えている。昨年頃から流行の兆しを見せ始め、「短パンDAYS」(『POPEYE』2012年4月号)、「ひざ丈ショーツでどこへでも」(『Men’s LEE』2012年5月号増刊)など、人気男性誌での短パン特集が相次いだ。そして今年。国内観測史上最高を記録する猛暑を背景に、短パン人気は、流行に敏感な若者だけでなく中年男性まで、あらゆる世代に広がりつつある。

「去年も売れたのですが、今年はそれ以上に売れています。これだけ暑いと、短パンを履きたくなるのかもしれません」

 こう語るのは、都内大手百貨店の紳士服売り場の店員だ。この言葉通り、実際に百貨店を訪れる客の半分から3分の1近くが、短パンを履いている。この日の前日は1875年の観測開始以来はじめて、都内の気温が一日中30度を下回らなかった。とにかく暑い、それがまず、短パン人気の背景にある。

 短パンのイメージや履くシーンも変わりつつあるようだ。2005年から始まったクールビズ。震災以降、節電意識が高まるなか、佐賀県武雄市はポロシャツ&短パンを許可する「ウルトラクールビズ」を2011年から開始した。楽天も昨年、サンダルや短パンを許可する「楽天ハワイアン・サマー」を始めた。夏期間は短パン勤務をよしとする企業が出始めたことで、短パンがビジネスシーンにわずかながら入り込んでいる。これによって、短パン=ラクな服装という印象は少しずつ薄れているようだ。

 短パンを特集した先の『Men’s LEE』のアンケートによると、30~40代男性の短パンのイメージは「オシャレなアイテム」が過半数を占め、「涼しい」などの気安いイメージを上回った。『MEN’S CLUB』(2013年7月号)の“大人の短パン”特集では、短パンには美脚効果があるとスタイルの向上を謳う。

 こうした印象の変化は、最近の短パンスタイルの表れでもあるようだ。「今年はリゾートで履くようなゆるい短パンよりも、街中で履くのに適した、細見で素材も上質な短パンが人気です。40代、50代の方は、短パンに襟着きのシャツを合わせる方も多いですね」と上記定員も語る。短パンといえど、街できちんと着るスタイルが定着しつつあるわけだ。トムブラウンといったハイブランドでは、すでに短パンスーツを発売し、お洒落に敏感な男性たちの心をとらえている。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング