星野仙一 高校時代にカミソリシュートで平松政次ビビらせた

NEWSポストセブン / 2013年8月17日 7時0分

 連日熱戦が繰り広げられる甲子園。現在、日本最高峰のプロ野球の舞台で指揮を執る12球団の監督も、かつてはその“聖地”を目指して、汗を流していた。秘蔵エピソードや貴重な証言をもとに彼らの高校球児時代を明らかにする。

 岡山・倉敷に生まれた星野仙一少年は、地元では有名なわんぱく坊主。中学時代には、高校生5人を1人でボコボコにしたという武勇伝もまことしやかに伝わるなど、「闘将」の片鱗を見せていた。現在楽天を率いる星野が最も夢に近づいたのは、倉敷商で「エースで4番」だった3年時、1964年の夏である。

 予選の準決勝で対戦した岡山東商の1学年下には、後に“カミソリシュート”で有名になる平松政次がいた。平松氏が当時の星野の印象を語る。
 
「体がスリムで背が高くて、とにかく耳が大きかったのが印象に残っています(笑い)。速球はもちろんですがシュートもキレていた。今と同じような鬼の形相で、右打者には初球から胸元にシュートを投げてくるから、ほとんどケンカ腰(笑い)。僕よりよっぽど“カミソリシュート”でしたよ」
 
 岡山東商には勝利するが、甲子園をかけた米子南との試合(*注)は2-3で惜敗。星野の肘は連投で限界に来ていた。試合前には野球部長がナインに栄養ドリンクを配っていたが、星野はそれを3本も飲み、ギリギリで戦っていたという。
 
 試合後、「もう投げずに済む」と強がりを言った星野だが、翌日、米子を離れる電車の中では大声で泣いていたという。

【*注】当時は1県1代表制ではなく、地区代表制。東中国代表を争い、岡山と鳥取から勝ち上がった4校が準決勝、決勝を戦っていた。

※週刊ポスト2013年8月30日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング