2日間で14万人動員の東方神起「愛を倍返し?いや100倍だ!」

NEWSポストセブン / 2013年8月26日 16時0分

 全国5大ドームツアーのファイナル『LIVE TOUR 2013~TIME~ FINAL in NISSAN STADIUM』では、2日間で約14万4000人を動員(8月17・18日、神奈川)。海外アーティスト史上初の日産スタジアムでの単独ライブ開催&今ツアーの総動員数が約85万人突破で最多記録更新という貫録を見せながらも、ユンホの新ネタ披露もあり、緩急自在なライブの模様をお届け!

 最高気温34℃の猛暑のなか、野外で行われたツアーのファイナル。6月までのドームツアーに比べると、袖なし、丈短、背中パックリなど衣装もバージョンアップ。ユンホの鍛え上げられた美しい上腕二頭筋や、最近バドミントンで鍛えた(?)チャンミンのセクシーな胸筋など、開放感は過去最強!

 まずは、高さ20mの巨大なステージの屋上に登場したふたり。夕景をバックに彼らが天から降りてくるような光景に、下から見上げるファンはいきなり心をつかまれた。歓声がうねりのようになって時間差で押し寄せる一体感も味わいながら、約3時間半、長さ約120mもの花道を、彼らが“モノレール”と呼ぶ乗りものに乗ったり、ダッシュで何度も往復したり、スタジアムのファンに大サービス。アンコールでは新曲『SCREAM』(9月4日発売)も初披露、380発の盛大な花火とともに感動のフィナーレへと導いた。

 MCではユンホが、「東方神起を愛してくれるみなさんに向けて、やられたらやり返す、倍返しだ!
いや10倍返しだ、いや100倍返しだ…みんな、大好き!」と愛を叫ぶ。ライブを重ねるごとにファンへの“愛の100倍返し”を繰り返す、彼らの完成度に終わりはないようだ。

※女性セブン2013年9月5日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング