イタリアンの名店でも熟成肉が大人気 10cmの厚みに旨味凝縮

NEWSポストセブン / 2013年9月9日 7時0分

写真

イタリアンの名店がたどり着いた熟成肉の旨味

 最近ブームになっている「熟成肉」だが、予約の取れないイタリアンの名店でも熟成肉は主役となっている。

 ここは、東京・恵比寿の「アーリア ディ タクボ」。舌の肥えた年配の客が多く集うこの店では、脂身を敬遠する彼らにも美味しい牛肉を提供したいと考えた結果、熟成肉にたどり着いた。

「牛肉に含まれる不飽和脂肪酸は人間に欠かせない成分ですが、体内で合成できない。年配の方にも牛肉を食べてもらうには、しつこくなく肉の旨味を感じられる熟成肉の赤身がいいと考えたのです」(オーナーシェフの田窪大祐氏)

 熟成肉ブームの火付け役といわれる専門店『中勢以』の肉や、門崎丑を提供し始めたところ「食べやすい」「肉の旨味が感じられる」と大好評。以来、熟成肉を食べるために訪れる客も増えたという。

 写真は、「門崎丑のカメノコの炭火焼き」(ディナーコースの内の1品。8500円~)。カメノコ(もも肉の一部)を1時間かけて炭火焼きに。10cm近い厚みの中に肉の旨時が凝縮されている。

■アーリア ディ タクボ
【住所】東京都渋谷区恵比寿西1-12-11Biosビル4F
【営業時間】12~13時半(LO)、18~21時(LO)
【定休日】木
◎ディナーはおまかせコース(6500円、8500円、1万2000円)の3コース。門崎丑は基本的に8500円のコースで食べられるが、1週間以上前の予約が必要。

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2013年9月13日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング