愛子さま グッチの子供服コレクションのトートバッグを愛用

NEWSポストセブン / 2013年9月6日 7時0分

 8月30日、皇太子ご一家は栃木県那須にある那須どうぶつ王国に姿を見せられた。そこで、居合わせた人々の目を釘付けにし、ざわつかせたのは愛子さまが提げられていたバッグだった。

「ダブルGのブランドロゴがバッグ全体に入った、見た瞬間に誰もが“グッチだ”とわかるトートバッグでした。バッグに気づいた女性客からは、“小学生でもうグッチなんて…”とため息が漏れたほどです」(居合わせた観光客)

 そんな高級バッグを持たれる愛子さまを、雅子さまは嬉しそうに見守られていた。

「愛子さまが愛用されているグッチのトートバッグは、グッチが2010年11月から展開している子供服のコレクションの今年の春夏の新作で、約4万円の高級バッグですね」(ファッション関係者)

 愛子さまがはっきり高級ブランドのものとわかるものを手にするのは今回が初めてのことだ。

 景気の回復が実感できず、経済的に閉塞感を感じている今、増税、年金問題など日常生活に大きな不安を覚えている国民は少なくない。皇室ジャーナリスト・山下晋司さんはこう話す。

「そんな中、雅子妃殿下が愛子内親王殿下に高級ブランドバッグを持たせていると知れば、国民感情はどうなるでしょう。しかも、妃殿下は治療とはいえ、この10年間、ご公務をほとんどされてこなかったわけですから。

 私的なご活動ばかりが目立ち、さらにブランド品までとなれば、“雅子さまは国民の税金で贅沢されている”と国民が思ってしまう可能性もあります。皇族方の公私にわたる生活費用が税金から支出されていても、表立って不満が出てこなかったのは、皇室と国民の間に信頼関係があったからです。

 今回のグッチのバッグは、あくまでその一端にすぎませんが、これまで皇室が積み上げてきた国民との信頼関係に溝が生じる可能性があることを両殿下も東宮職も認識していただきたいと思います」

※女性セブン2013年9月19日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング