開幕20連勝の楽天田中 登板日は女房役・嶋基宏の打撃絶好調

NEWSポストセブン / 2013年9月7日 7時0分

 楽天・田中将大が9月6日の日本ハム戦で、世界新記録となる開幕20連勝を達成したが、その大記録には、バッテリーを組む女房役の嶋基宏の存在が欠かせない。

 今季の嶋は、112試合で打率2割6分6厘、3本塁打、38打点(9月6日終了時点、記録は以下同)という数字を残している。だが、田中登板時の23試合では、打率3割4分9厘、1本塁打、17打点と一気に数字が跳ね上がっている。
 
 今季、田中が投げる日はすべてスタメンマスクをかぶっている嶋。田中登板時は打率も上がり、勝負を決める一打を何度も放っている。

 例えば、田中の今季初登板となった4月2日のオリックス戦では、4回に勝ち越し三塁打を打ち、猛打賞。田中の登板2試合目の4月9日の日本ハム戦では、先制3ラン。

 連勝記録が止まるかと思われた5月28日の阪神戦では、0対2とリードされた7回表、先頭打者として逆転の口火を切る二塁打。6月3日の中日戦では、田中に勝ちはつかなかったものの、サヨナラヒット。7月26日のロッテとの首位攻防戦でもサヨナラヒットを放ち、田中に勝ちをプレゼントした。

 そして世界新記録を達成した9月6日の日本ハム戦でも、0対2とリードされた5回裏、先頭打者として二塁打を放った。この回に同点に追いついた楽天は、そのまま6回裏に逆転。嶋の打撃が田中の世界記録達成を後押しした。

 このように節目節目の試合で、田中を援護。田中が投げると、嶋は8度のマルチヒットに、2度の猛打賞と打ちまくっている。加えて、今季の打点の約半分を、田中の登板試合で記録している。いかに、勝負所で貴重な一打を放っているか、よくわかるだろう。球団初優勝、そして日本一へ、相性のいい2人が、どこまで楽天を引っ張れるか。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング