一発屋芸人の急増はギャラ体系の変化とスクール開設も影響

NEWSポストセブン / 2013年9月11日 16時0分

 近年、いわゆる“一発屋”と呼ばれる芸人が出ては消え、出ては消えという状態が続いている。ムーディ勝山、小梅太夫、ヒロシ、波田陽区、髭男爵……などなど挙げればキリがないほど。昨年、「ワイルドだろぉ」で流行語大賞を受賞したスギちゃんや、今年、前田敦子の物真似で大ブレイクしているキンタロー。も、近い将来、一発屋芸人の仲間入りするのではないか、との声が上がっている。

 とはいえ、以前より確実に一発屋芸人が増えたように思えるのだが、どうしてだろうか? その背景には、2000年代に入り、芸能事務所のギャラ体系の仕組みの変化が大きく影響しているという。芸能関係者が語る。

「1990年代までは、ギャラの9割は事務所が持っていき、タレントには1割しか入らないケースもよくあった。事務所が1人のスターを育てるために、多額の投資をする必要があったからです。タレントも、ギャラが少ない不満はあっても、『事務所が守ってくれる』という安心感がありました。

 しかし、最近は芸能事務所がタレントを育てるという意識が薄くなった。その背景には、タレントのギャラの取り分が多くなったことが挙げられます。もちろん、事務所やタレントによって千差万別ですが、事務所が4割で、タレントが6割。それ以上にタレントが持っていくこともあるそうです。

 今の事務所は、“タレント予備軍”も多数控えているし、そうなると『人気のあるうちに取れるだけ仕事を取ってこよう。飽きられたら、また次が出て来るだろう』と思っても不思議ではありません」

 実際、事務所関係者によると、同じ3年間でも、継続的な人気を誇る1人のタレントよりも、一時期に爆発的な人気を誇るタレントが1年に1人出てくる方が実入りはいいという。

「特に、お笑い界はそれが顕著です。どの事務所も、お笑いスクールを作り、そこから資金を集める。毎年、恒常的に授業料という名の収入が入ってきますし、それなりに優秀な生徒も入ってくる。使い捨てても、大量生産できるシステムを確立したので、事務所にとっては安心なのです」(同前)

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング