フリーの勝ち組は高橋真麻アナ 住吉、西尾アナは起用敬遠か

NEWSポストセブン / 2013年9月13日 16時0分

 局アナを辞めたフリーの女子アナは、好きな仕事もできるようになり、収入も増え、マネージャーにも守ってもらえる──。

 この春フジテレビを退社し、フリーアナウンサーに転じた長谷川豊氏は、実力さえあれば、局アナはフリーになるほうが賢明な選択だと語るが、こんな落とし穴もあるという。

「フジテレビの『知りたがり!』に起用されていた住吉美紀さん(元NHK)や、後番組の『アゲるテレビ』に起用された西尾由佳理さん(元日本テレビ)は、本人に責任があるわけではないのでしょうが、番組が惨敗したことで“数字が取れない女子アナ”のレッテルを貼られてしまった。これはフリーアナにとっては致命傷で、しばらくテレビでの起用は敬遠されるでしょう」

 逆に、フリーになって一気に勝ち組への階段を駆け上がったのが、長谷川氏と同時期にフジテレビを退社した高橋真麻アナだ。

「彼女は、とにかく一人でも多くの視聴者を笑顔にしたいと常々語っていましたが、フリーになったことで、煩わしい日常業務から解放されて、アナウンスの仕事に専念できるようになりました。

 局内では、社内放送での視聴率の読み上げや提供読みという地味な仕事から、社内記者会見の司会、さらには上司との飲み会に至るまでアナウンサーの仕事だったりしますから、そういう仕事から解放されたことは、彼女にとってプラスだったと思います。

 もともと彼女のアナウンス技術は社内でも評価が高かったですから、フリーになって引っ張りだこになるのは当然でした。フジテレビではできなかった仕事ものびのびやっているようで、今ではブログも大人気です」(長谷川氏)

※週刊ポスト2013年9月20・27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング