妻の弟が居候の加藤茶宅 妻の友人もひっきりなしに出入り

NEWSポストセブン / 2013年9月13日 7時0分

<黒いソファーからオレンジのソファーに模様替え。イタリアのミッソーニのソファーだよ>──9月2日、自身のブログにそう綴った加藤茶(70才)。10人掛けほどの大きなソファーで、45才年下の妻・綾菜さん(25才)と一緒に仲良くくつろぐ姿がアップされている。

 その前日のブログにも、シャンデリアを新たに購入したことを報告した加藤。ここにきて部屋の模様替えを進めているようだ。

「ミッソーニのソファーは200万円以上したそうです。シャンデリアもスペインの有名デザイナーが作ったもので、何十万円もするものだって…。すべて奥さんの意向を受けて加藤さんが購入したそうですよ」(加藤の知人)

 年下妻との愛の暮らしのためならお金は惜しまない…というのなら羨ましい話だが、近隣住民によると、事情がちょっと違うらしい。

「最近、奥さんの弟さんが加藤さんのマンションに入りびたっていて、居候状態なんです。奥さんのお友達もひっきりなしに出入りしてます。みんな茶髪で派手な感じの人が多いですね。その人たちは、よくそのまま朝まで加藤さんの自宅で過ごしているみたいです。大きなソファーを買ったのは、そんな自宅に来る奥さんのお友達のためだったんじゃないかしら…」(近隣住人)

 妻の友人は一度にだいたい4~5人は出入りしており、中には、わざわざ加藤の自宅のすぐ近くに引っ越してきた人もいるそうだ。

 加藤は、妻が欲しがるものはどんなに高くても買ってあげたいようで、老骨に鞭打って懸命に働いている。

「去年からパチンコ店での営業をすごく増やしていて、昨年は約30店舗、今年だけでも相当な数の店舗を回っています。夏場の時は、さすがにバテバテの様子でした。加藤さんは7年前に心臓の大動脈解離で大手術をしているし、あまり無理のできる体じゃないんですが…」(芸能関係者)

※女性セブン2013年9月26日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング