韓国のネットで珍説 大塚範一氏白血病は福島野菜食べたから

NEWSポストセブン / 2013年10月3日 7時0分

 日本からの水産物輸入を禁止した韓国では、7月に東京電力が福島第一原発からの汚染水流出を認めて以降、ネット上で日本の放射能に関する噂が拡散。良識ある韓国人の間では「放射能怪談」とも呼ばれている。

 まことしやかに囁かれる「怪談」を紹介しよう。

「原発事故では、原子爆弾1000個分落ちたのと同様の放射能が出ている」
「日本領土の70%はセシウムに汚染され、東京は高濃度汚染地域に入っている」
「福島第一原発から流出した放射能はチェルノブイリ原発事故の11倍もある」

 また「今後数年で、日本の人口の60%以上が放射能の影響を受けてがんや白血病で死ぬ」、「大塚範一アナが急性白血病になったのは、テレビ番組で毎日、福島の野菜を試食していたため」などと、健康被害を煽る明らかな“デマ”も少なくない。

 さらに、「カナダやオーストラリアでは放射能の流出を恐れ、日本人のビザを拒否した」、「多くの日本の原子力の専門家はすでに海外へ移住した」、「日本は人が住めなくなったため、日本の投資家は(韓国の)釜山の土地を買い占めている。新たな日本の韓国侵略だ」とまで飛躍し、新たな日本脅威論を生んでいる。

 ついに怪談は恐ろしい陰謀論へと辿り着いた。「日本政府は放射能汚染が発表よりも深刻なことを知っているが隠しており、安倍政権が秋の臨時国会で提出する特定秘密保護法案では、放射能を測定して公開すると、懲役10年の刑に処されることになる」というのだ! 韓国では今秋から日本行きの旅行が相次いでキャンセルされているというから、笑いごとではない。

※週刊ポスト2013年10月11日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング