1980年代の名作少女漫画『ときめきトゥナイト』に新刊が登場

NEWSポストセブン / 2013年10月30日 7時0分

【マンガ紹介】
『愛蔵版 CIPHER(6)』成田美名子/白泉社/880円
『ときめきトゥナイト 真壁俊の事情』池野恋/集英社/500円

 少女漫画の忘れがたい名作の話ならば、一晩中でも語り続けられそう。特に思春期に読んだ1980年代の作品への思い入れはひとしお。最近、そんな懐かしい作品に新たな形で再会することができました。

 他の出版社とはひと味違う個性的な作品群で少女漫画好きたちの心をぐっととらえてきた白泉社は、今年創業40周年。その記念に発売されたのが成田美名子『愛蔵版 CIPHER』(白泉社)です。

 1985年から1990年まで『LaLa』で連載されたこの作品。元気いっぱいのアニスは芸能人シヴァと同じアートスクールに通っています。彼が双子の弟サイファと交代で「シヴァ」として生活している秘密を知ったアニスは、本当のふたりに近づきたいと思い始めるのでした…。一見フレンドリー、でも実は誰にも心を許さない美貌の双子と、率直なアニス。3人が少しずつ自分の内面と過去に向き合い成長する青春ドラマです。

 舞台はマンハッタン&LA。1980年代のアメリカン・カルチャーが本作の第二の主人公!といってもいいでしょう。マイケル・ジャクソンやホール&オーツの音楽。「Thanks」などちょっとした英語の言い回しもこの漫画で学んだもの。

 スタジャンやダッフルコートといったアメリカン・カジュアルなファッションも今見るとまた新鮮でかわいいんです。愛蔵版には美しいカラーイラストもたくさん収録されていて、細部に宿る“神”に圧倒されます。

『ときめきトゥナイト』は1982年から12年にわたって『りぼん』で連載した大人気作。魔界人の蘭世が片想いする男の子・真壁俊に誰もが夢中になりました。不良っぽいけれど本当はシャイで優しい真壁くんを、今も忘れられない読者はたくさんいるはず。

 その真壁くんの視点で蘭世との恋を語り直した新刊(!)が池野恋『ときめきトゥナイト 真壁俊の事情』(集英社)。魔界の王子としての誕生秘話からプロポーズの裏側まで。読後は『ときめきトゥナイト』本編も読み返さずにはいられない、懐かしいキャラクターとエピソードが満載です。

(文/横井周子)

※女性セブン2013年11月7日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング