安倍首相 政治家になっていなければゴッドファザー4監督も

NEWSポストセブン / 2013年10月31日 7時0分

 消費増税という“歴史的決断”を下し、支持率はやや下がったとはいえ高水準、7年後の五輪も勝ち取り、選挙も敵無しの安倍晋三首相。最近は “絶口調”ぶりも聞かれるようになった。

「私は若い頃、映画監督になりたいと思った。もし、私がファミリービジネス(家業の政治家)に固執しなければ、『ゴッドファザー4』を撮っていたかも。そのかわりアベノミクスはなかった」(10月16日の講演)

 まるで自分がいなければ、日本経済の回復はあり得ないといわんばかりだ。この自信もすごいが、そもそも政治と違って映画監督に世襲はない。巨匠・コッポラ監督が聞いたら、どう思うのだろうか。

※週刊ポスト2013年11月8・15日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング