日本料理の巨匠 炊飯器が火を使わないのに米炊ける理由解説

NEWSポストセブン / 2013年10月31日 7時0分

 日本人の主食といえばお米。日本料理界の巨匠・野崎洋光さんはこう話す。

「なぜ炊飯器は火を使わないのに米が炊けるか知っていますか? 米は水と一緒に20分間、95℃以上の熱を加えるとごはんになるんです。簡単なことなのに、知っている人はほとんどいません」

 野崎さんは福島県の農家出身。子供のころは自宅の蔵に3年分の米が蓄えられていたという。今ほど物流が発達していない時代、凶作の年が続けば命にかかわる。新しい米は非常に貴重で、収穫期と正月しか食べられなかった。

「日本料理の膳では茶碗が左。日本では伝統的に左が上位ですから、持ちやすいだけでなく『ごはんが偉い』ということも表しているんです。

 3食食べて飽きないのはごはんだけでしょ。簡単に炊けて、やわらかくてもかたくても食べられる。しかも茶碗1杯がたった30円程度。こんなに優秀な食材はほかにありませんよ。ごはんの炊き方を知っていれば生きていける。料理の腕を磨くのはその次でいいんです」

※女性セブン2013年11月14日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング