深田恭子 父の病気をきっかけに3才年下俳優との結婚間近か

NEWSポストセブン / 2013年11月14日 7時0分

 映画『ルームメイト』で、優しい看護師の表の顔と、闇を抱えた裏の顔を見事に演じ分けて話題になっている深田恭子(31才)。ここ数年、深田はドラマ『セカンドバージン』(NHK)で嫉妬に狂う主婦を演じたかと思えば、映画『夜明けの街で』では岸谷五朗(49才)との濡れ場に挑戦するなど、女優として輝きを増してきた。

 しかしその一方で、プライベートにも変化があった。

「実は彼女のお父さんは1年ほど前から体調を崩しているそうで…。お母さんが看病にあたっているそうなんですが、彼女も忙しい合間を縫ってよくお見舞いに行っているそうですよ」(テレビ局関係者)

 そして、気持ちは結婚へと向かっているという。

「確かにアラサーになって、若いころとは違う仕事のおもしろさに彼女自身ハマっているんですが、お父さんの病気のことがあって、“早くウエディングドレス姿を見せて安心させたい”という思いが強くなったみたいです」(前出・テレビ局関係者)

 お相手は3年前に交際が発覚した若手俳優の五十嵐麻朝(28才)だ。2011年5月には、父と五十嵐と3人で焼き肉店を訪れる姿が報じられている。

「彼は調理師免許を持っていて、映画やドラマの撮影もあって忙しいのに、彼女のために料理を作ってあげることも多いんだそうです。彼女はお酒が好きで朝まで飲み歩くことが多かったんですが、最近まっすぐ自宅に帰るようになったのも、それが理由でしょうね。彼女は太りやすい体質なんですが、彼の手料理のおかげで体形もキープできています。お父さんも“彼になら!!”って感じで結婚には大賛成みたいですよ」(芸能関係者)

※女性セブン2013年11月28日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング