膝の上にノートPCを長時間置くと低温やけどになる可能性も

NEWSポストセブン / 2013年11月26日 16時0分

 冬の季節が到来。とくに冬は肌のトラブルが多く、低温やけどになる人も増えるという。湯たんぽや使い捨てカイロ、電気毛布、ホットカーペットなどで気持ちいい温度と感じていても継続的な接触によって、皮膚の深部までやけどが進行する低温やけどを負う可能性が。熱源が44℃で3~4時間、46℃なら30分~1時間、50℃になると数分しか猶予はない。

「見た目は表面が赤くなったり、水ぶくれができている程度で痛みも軽いことが多いのですが、皮膚の深部や脂肪まで熱が通っている場合もあるので、あなどらずに受診してください。重症だと皮膚移植が必要になるケースも」

 と話すのは代々木上原皮膚科クリニックの院長の竹尾千景さんだ。

 また、皮膚が盛り上がり、ケロイドのような状態にまで進行した状態を放置してしまうと、一生消えない傷跡に。さらに、その傷跡は皮膚がんの発生母地になる可能性も高いので注意が必要だ。

 低温やけどにならないために次のようなことを注意してほしい。

【湯たんぽカバーに1枚プラス】
 市販や付属のカバーだけでなく、厚手のタオルもプラスしよう。そうすれば、表面温度が下がるため、湯たんぽなどが肌に密着していても低温やけどを防ぐことに。

【暑いと感じたら速やかに外す!】
 貼るカイロは熱いと感じたら貼り替えたり、使用の中止を。また、下着などの薄手の衣類ではなく、セーターやシャツなど厚手の服に貼ろう。

【ノートパソコンにも危険が】
 ノートパソコンは構造上、熱くなりやすいため、ひざの上に長時間載せての使用はご注意。

※女性セブン2013年12月5日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング