ごちそうさん 東出昌大語る現場秘話「杏さんは親父ギャグ好き」

NEWSポストセブン / 2013年12月3日 7時0分

 8週連続平均視聴率21%超え(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の快進撃を続けるNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』(毎週月~土、8時~、NHK総合ほか)の現場に密着! そこで今回、西門め以子役の杏(27才)と共演している西門悠太郎役の東出昌大(25才)に話を聞いた。

 * * *
 大阪編での収録現場は、ものすごく明るいんです! ぼくは(キムラ)緑子さん(西門和枝役)も宮崎美子さん(西門静役)も初めてご一緒したんですが、杏さんはもともと共演経験があったので「緑子さんはすごくやさしくておおらかなかただよ」と教えてくれました。

 杏さんは本当にずっとテンションが高くて。あと…親父ギャグが好きなんですよ。本番の前に本番と同じくらい本気で“ランスルー”という通し稽古があるんですが、ランスルーってできればやりたくないのが本音。深夜で現場も(時間が)おしてて、みんながピリピリしている時に「ランスルーする?」って…。思わず「ちょっと黙ってて!」って言っちゃいました(笑い)。

 め以子に対する和枝さんの“いけず”というのは、他の言葉に表しようのない、キライとかじゃ言い表せない感情なのかなと思います。今後は、め以子もどんどん強くなっていきます。キムラさんと台所に立つシーンも出てくるんですが、め以子としては非常に緊張しました。でも怖い先生のような感じで、料理についても(め以子が)苦手なものを和枝さんのお陰で克服できるようになったりとか、め以子の料理観というのもだんだん変わっていきます。

 実際のキムラさんはとても楽しくて、コミカルに怒るシーンなどもあったりしたので、和枝さんがピシッと怒っているようなシーンは、みんなが笑いながら見ていたりするんですよ。宮崎さんは、最近私がダジャレを言うと即突っ込んでくれるようになりました(笑い)。

※女性セブン2013年12月12日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング