次期都知事に石原伸晃氏推す声 石破茂氏と甘利明氏も賛成か

NEWSポストセブン / 2013年12月4日 7時0分

 猪瀬直樹東京都知事に巨額資金提供疑惑が発覚したことで、にわかに次期都知事の候補について取り沙汰され始めた。名前があがっているのは新党改革前代表の舛添要一氏、東国原英夫氏、小池百合子・元環境相らだ。石原慎太郎前都知事のブレーンのひとりはこう語る。

「次は(石原)伸晃への“大政奉還”だ。もともと五輪を仕掛けたのは親父の慎太郎さんで、五輪を見届けるのは伸晃がふさわしい」

 もちろん、現在は安倍内閣を支える閣僚なので伸晃氏は動きにくい。だが、今回は官邸も伸晃擁立に乗る可能性があると、自民党幹部が明かす。

「官邸は五輪を仕切る大会組織委員会会長に、“文教族のドン”の森喜朗・元首相を推していた。それに横ヤリを入れ、“自分がなる”と言い始めたのが猪瀬。だが、その芽は今回のスキャンダルで完全に消えた。

 そこで森さんが再浮上。その森さんは盟友の慎太郎さんとの“伸晃を総理にする”という約束は果たせなかったが、その代わりに五輪開会式という晴れ舞台を務めさせたいと考えているようだ。森さんが推せば、官邸もそれに乗る」

 しかも、石破茂・幹事長や甘利明・経産相は伸晃氏をライバル視しているので、知事転出は願ったり叶ったりというところだという。

※週刊ポスト2013年12月13日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング