ソフトバンクの背番号30 「鶴岡」専用ナンバーのジンクス

NEWSポストセブン / 2013年12月7日 16時0分

 プロ野球界に「呪いの背番号」が存在するのをご存知だろうか。たとえば、ソフトバンクの背番号「30」も、そのひとつ。野球カード製作兼ライターで、背番号に詳しいしゅりんぷ池田氏が語る。

「もともと30は、東京六大学野球などでは監督の背番号として知られ、ソフトバンクの前身・南海では長らく、鶴岡一人監督の背番号でした」

 その鶴岡監督が退いた後、14年の空白期間を経て、選手に渡ると、なぜか活躍できないというジンクスが生まれてしまった。

「最初は台湾から南海に入団した高英傑が付けましたが、外国人枠のために一軍登録されない日々が続いた。その後を継いだ大塚義樹、内田強、内之倉隆志も振るわなかった」(同前)

 その中で唯一、“呪い”に負けなかったのが長谷川勇也。2009年にはリーグ4位の高打率を残して、クリーンアップに定着した。ただこの後、背番号の変更を直訴し、結局「30」は、武田翔太に継承されている。その武田は、ルーキーイヤーこそ8勝を挙げて新人王を争ったが、今季は4勝止まりで最多与四球の“タイトル”まで獲ってしまい、再び不吉な予感が……。

 なぜ長谷川だけジンクスを打破できたのかは不明。あえてこじつけるなら、彼が山形県鶴岡市出身であることか。「ホークスの30はあくまで“鶴岡”のもの」……そう考えると、日本ハムから移籍してきた鶴岡慎也にこの番号を与えれば、大化けするかも!?

※週刊ポスト2013年12月13日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング