華原朋美 竹田氏からの求愛報道は「小室と共演」への布石か

NEWSポストセブン / 2013年12月5日 7時0分

 昨年の『FNS歌謡祭』(フジテレビ系)で芸能界復帰を果たした華原朋美(39才)。1年の時を経て再び同じステージに立ったが、今年はひとりではなかった。元恋人で音楽プロデューサーの小室哲哉(55才)と一緒だ。

「実は昨年の復帰の時にも、華原さんの中では小室さんと共演したいという思いがあったんですよ。小室さんもそのことを耳にし、“彼女の力になれれば”とすぐにでもOKを出したい気持ちだったそうですが、悩んだ末の答えはNOでした。あのふたりの間には、あまりにもたくさんの出来事がありましたから…」(レコード会社関係者)

 小室がもっとも気になったのは、妻のKEIKO(41才)のことだった。2011年10月、くも膜下出血で倒れて以来、公の場に姿を見せていないKEIKO。一時は記憶障害のため、自分が歌手であったことも忘れ、言葉を発することもできないほど深刻な状況だった。

「小室さんは“globeの復活は2015年を目指している”と公言していますから、まだ全快だとはいえない状況です。それなのに元恋人の華原さんと共演して、彼女に余計な心配をかけるのは避けたいとの思いだったんでしょう」(音楽関係者)

 そんなKEIKOだが、現在は順調に回復している。

 そして一方の華原は、明治天皇の玄孫(やしゃご)にあたる竹田恒泰氏(38才)からの熱烈な求愛を受けていることを、自ら公表したばかりだ。しかし、この発表はあまりに突然で、しかも交際はスタートしていない。そんな状態でも、彼女がわざわざ公表したのには理由があったという。

「今になって思えば、もしかしたら小室さんに対する、“私はもう大丈夫”というアピールだったんじゃないかという声もあるんですよ。ちゃんと仕事と向き合って、他の男性との恋も動き出している。小室さんとのことはちゃんといい思い出になった、って、小室さんにもKEIKOさんにも伝えたかったんじゃないでしょうか?」(前出・音楽関係者)

 KEIKOの体調も安定しているし、彼女に余計な心配をかけることもない。今ならば復帰1年の元恋人の舞台に華を添えられる──小室はそう思って、共演を快諾したという。

※女性セブン2013年12月19日号

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング