中村勘三郎さんの妻 遺骨の一部をダイヤモンドにして指輪に

NEWSポストセブン / 2013年12月7日 16時0分

 中村勘三郎さんの一周忌となる12月5日、妻・好江さん(54才)が、勘三郎さんが食道がんと告知されてからの壮絶なまでの闘病生活と、それを支え続けた家族の絆を綴った手記『中村勘三郎 最期の131日 哲明さんと生きて』(集英社刊)を出版した。

 4か月の壮絶な闘病の末、2012年12月5日、力尽きた勘三郎さんは東京・文京区の自宅へ無言の帰宅をする。

「哲さん(勘三郎さんの本名・波野哲明さん)を何とか荼毘(だび)に付さないでおきたいと思いました。彼の肉体がこの世から消えてしまうことが耐えられなかったし、怖かったんです。夫の親友である野田秀樹さんや大竹しのぶさんと一緒に夫の遺体を隠す計画も考えたほどです」(好江さん・以下「」内同)

 だが結局、死から10日後、遺体は荼毘に付された。好江さんは今度はお骨をずっと側に置いておきたいと願った。

 通常、納骨は四十九日に行うことが多いが、好江さんは決して勘三郎さんを離そうとはしなかった。さらに好江さんはお骨の一部をダイヤモンドにして、それを指輪にして身につけている。

 そうやって勘三郎さんを身近に感じようとすることで、夫を失った喪失感を埋めようとした好江さんだったが、やはりふとしたときに勘三郎さんを思い出し、涙を流すという。

「この間、姪っ子が家に泊まりにきたんです。そのとき、ふたりで寝ていたベッドの哲さんが寝ていた所に彼女が寝たんです。彼女の足を私の足にのせてもらったんですけど、いつも哲さんが寝るときに私の足にのせてくれていた重さを思い出して、思わず泣いてしまいました」

 いつまでも遺骨を近くに置き、勘三郎さんと一緒にいようと考えていた好江さんだったが、その考えを変えさせたのが、“勘三郎”ファンの思いだった。

「毎月、月命日の5日に家の前にファンが花束を置いてくれるんです。月が経つにつれて、その数は増えていって、多いときには30~40くらいありましたね。

 その花束を見たときに、このかたたちも哲さんとお別れしたいんだなって感じたんです。お墓があればファンのかたたちもお参りができますから、そのためにも納骨しようと決意したんです。“中村勘三郎”は、みんなのものですからね」

※女性セブン2013年12月19日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング