宝塚いじめ裁判原告女性 B96Gカップ引っさげAVデビューか

NEWSポストセブン / 2013年12月7日 16時0分

<100年に1人の逸材!新しい伝説が今、始まる!>

 12月2日、大手アダルトビデオメーカー・SOD(ソフト・オン・デマンド)のホームページに、こんなキャッチフレーズとともに、ひとりの新人AV女優がデビューすることが発表された。

 サラサラの黒髪ロングヘア、そして175cmというモデル並みの長身に、バスト96cmのGカップというパーフェクトボディーの美女・高塚れな(21才)。

 そんな彼女の紹介文には、こう綴られている。

<この度、SODstarから美しい名門音楽専門学校卒業したお嬢様・高塚れなちゃんのデビューが決定したのです☆>

 この文中に出てくる「名門音楽専門学校」がAV業界で話題を呼んでいるのだ。

「実はあの子、タカラジェンヌの卵たちが学ぶ宝塚音楽学校の出身なんです。しかも彼女は、あの“いじめ裁判”を起こした生徒なんですよ」(AV業界関係者)

 宝塚音楽学校第96期生のA子さんが学校を相手に裁判を起こしたのだ。これが前出のAV業界関係者が語る“いじめ裁判”のことだ。

 2008年4月、宝塚音楽学校に入学したA子さん。しかし、彼女は入学からわずか半年後、万引行為などを理由に学校側から退学を通告された。A子さんは事実無根と主張し、退学の取り消しを申し立てたが、話し合いは平行線を辿り、ついにA子さんは訴訟を決意。2009年11月に退学処分取り消しと1000万円の慰謝料を求める裁判を起こしたのだった。

 法廷に立ったA子さんが、「同期が誰も相手にしてくれませんでした…」と証言したように、裁判では彼女へのいじめの数々が明らかとなっていった。

 入学直後、ネットに予科生(音楽学校1年生)で<1番美人なのはA子さん>と書き込みがあったことをきっかけに、いじめが始まる。A子さんの洗濯物がゴミ箱に捨てられたことから始まり、身に覚えのない窃盗容疑をかけられたり、「実家へ帰れ」「死ねばいいのに」といった罵声も浴びせられたという。そして退学の直接的な原因となった万引騒動も同級生による嘘の告発だった。

 2010年7月、学校側は退学処分を取り消し、A子さんの卒業資格を認める代わりに、彼女が宝塚歌劇団への入団を求めないことで合意し、調停が成立した。

 宝塚音楽学校を“卒業”した彼女は、地元である東北に戻って、ひっそりと生活していたという。だが、帰省後の生活も彼女にとってはつらい日々だった。

「宝塚音楽学校に入学したことは地元新聞でも顔写真付きで大々的に報じられていたため、A子さんは有名人でした。地元の人々も“いじめ裁判”のことは知っていて、彼女は街を歩いているだけで“あ~、あの子が…”と指をさされたりと、腫れ物に触るような扱いを受けたそうです」(A子さんの友人)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング