豪華客船の世界一周クルーズ 出航前に米15トン他を積み込む

NEWSポストセブン / 2013年12月11日 7時0分

写真

豪華客船出航前には大量の食材が運び込まれる

 2013年は「クルーズ元年」といわれ、日本でも豪華客船クルーズが、予約が取りにくいほどの人気となっている。写真家・稲葉なおと氏が豪華客船「ぱしふぃっく びいなす」の小笠原クルーズ(5泊6日)に乗り込み、その舞台裏を取材した。

 * * *
 横浜港をあとにした客船の船内では、約340人収容できるメインダイニングルームに劇場、大浴場に屋上の露天温水ジャグジー、医務室、美容室といった施設が、いっせいに稼働し始める。

 巨大客船だけあって乗組員・スタッフの数は多く、220人にもなる。燃料や食料など、物資の量も膨大だ。例えば100日間の世界一周ともなると、出航前に積まれる重油は1500キロリットル。

 食材は米15トン、野菜・フルーツが10トン、肉類・魚類・卵・乳製品が12トンにも及び、これらすべてを料理長が出港前に眼を通し、質と量をチェックする。

撮影・文■稲葉なおと

※週刊ポスト2013年12月20・27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング