韓国反日事例 南大門復元失敗は日本のせい、盗難仏像返すな

NEWSポストセブン / 2013年12月17日 16時0分

 韓国の反日運動が2013年ほど盛り上がった年はない。そこで、『悪韓論』がベストセラーとなっている元時事通信ソウル特派員の室谷克実氏に、この1年の反日トピックスをあげてもらった。

 たとえば、ホームレスの巣になっていた国宝1号南大門が放火されてから5年余り。原図面もないのに伝統工法による復元が5月に完了し、再び国宝1号になった。

 ところが2か月後には、塗料(丹青)が剥がれた。丹青は日本からの輸入品。最高の瞬発力で「日本が悪い材料を」の大合唱。が調べてみると、伝統のニカワではなく、安物の化学ノリを使っていたことが判明。5か月後には大柱がひび割れ……で、文化財庁長が更迭された。

 対馬の寺から仏像を盗んだグループには韓国で懲役刑が下されたが、仏像そのものについては裁判所が「日本に渡った経緯が判明するまで国外持ち出し禁止」の仮処分を決定。数百年前の経緯が分かるはずがない。まてよ、韓国の政権与党は「1871年の廃藩置県まで、対馬は韓国領だった」と主張している。すると、伝来だろうと略奪だろうと、朝鮮王朝の領土内部ということになるのか。

※週刊ポスト2013年12月20・27日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング