地下アイドル好き女性が女性なのにアイドル応援する感覚語る

NEWSポストセブン / 2013年12月18日 16時0分

 AKB48のブレイク以降、アイドルブームが全盛期を迎えている。ももいろクローバーZやモーニング娘。などの人気グループはもちろん、メディアにはあまり露出しないが、ライブハウスでの地道な活動やイベントをしている「地下アイドル」も、密かに話題を呼んでいる。

 アイドルファンというと、男性ばかりのイメージが強いかもしれない。しかし、実際ライブハウスに足を運んでみると、女性ファンも目立つ。地下アイドルファンの男性Aさん(20代前半)は、こう語る。

「たいていのアイドルライブでは、女性専用のスペースが用意されていますよ。大きな会場なら問題もありませんが、オールスタンディングのライブハウスだと、男性ファンの勢いに埋もれてしまうと思いますし、その配慮だと思います」

 しかし、女性ファンが女性アイドルを追いかける心理とはどのようなものなのだろうか。地下アイドルのライブに通いつめているBさん(10代前半)はこう語る。

「私がアイドルにハマった最初のきっかけは、2~3年ほど前に、女性ファッション誌にももクロのしおりん(玉井詩織)がモデルとして出ていて、『なんだこの可愛い子は!』と気になったことでした。

 それ以来、ももクロから入って、いろんなライブに行ったりしましたが、最初は男性ファンの圧倒的な数と迫力に打ちのめされてました(笑)。それで、小さい規模のアイドルライブを探すようになって、今通っている地下アイドルに出会いました。

 可愛い女の子を見てるのは、純粋に楽しいです。また、アイドルを『推す』楽しさもあります。自分が応援したことで、ライブハウスの規模が大きくなったり、ファンの数が増えることを実感できると、とてもうれしいです。

 まだ小さい箱でしかライブができないアイドルだと、握手会などで直接じっくり話せるので、“自分が育てている”という感覚が強く持てます。好きな子に認識してもらえると、うれしくてうれしくて! この『推し』の楽しさは、男性とそう変わらないのではないでしょうか」

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング