大リバウンドの森三中大島に鈴木おさむ「やっぱこいつダメ」

NEWSポストセブン / 2013年12月13日 16時0分

 2013年8月の『24時間テレビ』(日本テレビ系)のチャリティーマラソンランナーに選ばれた森三中・大島美幸(33才)はダイエットを敢行。大好きだった焼き肉を断ち、野菜中心の食事に変え、食べる量はそれまでの5分の1に。88.5kgあった体重は、3か月で71.7kgまで減ったのだ。

 ところが、あれから3か月。大島は、大リバウンドしていた。

「マラソンが終わった後、ずっと我慢していた焼き肉ばかり食べているようです。行きつけの新宿の焼き肉店に足繁く通っているみたいなんです。肉にたっぷりたれをつけて、それをご飯にのせて一気に食べるのが彼女の好物なんです」(大島の知人)

 蘇った食欲は抑えられないようで、11月26日放送の『そうだ旅(どっか)に行こう。』(テレビ東京)で名古屋に行った際は、カレー、みそかつ、手羽先、ケーキと、7軒をハシゴして爆食。しかも、その時すでに7kg戻ったことを明かし、「1か月で7kg太るって結構つらいんだよ! 寝る間も惜しんで食ってんだから!」と言ってのけた。

 これには夫である放送作家の鈴木おさむ(41才)もあ然。

「おさむさんも悲しんでますよ。やっと70kg台まできたのに、あっという間に元通りになっちゃって…“やっぱこいつはダメだわ”って諦めたみたいですね。まあ芸人としてはサイコーですけどね(笑い)」(前出・大島の知人)

※女性セブン2013年12月26日・2014年1月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング