お雑煮 京都で生まれた丸餅は円満表し、角餅は敵を討つの意

NEWSポストセブン / 2013年12月18日 16時0分

 お正月に欠かせないお雑煮。汁も、具の種類も、地域性に富んでさまざま。お雑煮は、餅の形、焼くか煮るか、また汁の仕立てによって分類することができる。

 京都で生まれた丸餅は、丸いことが円満、家内安全を表すとして尊ばれていた。一方、江戸で生まれた角餅は、餅をのして作ることから、敵をのす、討つの意から誕生し、岐阜県関ヶ原付近を境に東西に分かれて普及した。

 近畿や越前、四国の一部に見られるみそ仕立ての汁は、実は少数派。全国的にはすまし汁が圧倒的に多い。すましが増えたのは、武家が「みそをつける=失敗する」として嫌い、江戸風を取り入れるようになったことによる。

 地産地消の時代に形作られてきたお雑煮は、地方色がしっかりと息づいており、各家庭によって個性が生まれ、代々受け継がれてきた伝承料理。大事に守っていきたい。

 ちなみに、お雑煮の歴史を振り返ると、お雑煮が誕生したのは室町時代の京都。この頃のお雑煮は、正月だけでなく、将軍の御成りや上流武家の婚礼の宴会などおめでたい席での料理とされていた。

 正月をお雑煮で祝う記録が残っているのは室町時代。織田信長や豊臣秀吉はお雑煮で客をもてなしていたという。江戸時代末期には、広く庶民にも普及していった。

 幸をもたらしてくれる年神様を迎えるために土地の産物をお供えし、それを下げて餅とひとつ鍋で煮たのがお雑煮。神様と共に食事するという重要な意味を持つ。

 丸は円満に暮らせるという縁起が良い形とされ、お雑煮の具は輪切りにして用いられた。大根とにんじんは紅白の縁起物。

※女性セブン2013年12月26日・2014年1月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング