夫婦間でのタブー 相手の親の悪口、学歴、いい年して…など

NEWSポストセブン / 2013年12月20日 16時0分

 犬も食わない夫婦げんかといわれるが、いくら夫婦であっても、言ってはいけないことがあると話すのは、生活経済評論家の川北義則さん。

「夫婦といってももともとは他人。相手の親のことを悪く言うのはNG。人は血縁というのを大事にするから、親のことを悪く言われるのは自分のことを責められるよりもしこりが残ってしまうんです」(川北さん・以下「」内同)

 変えられない事実について言及するのも問題。

「例えば学歴もそう。“お前はバカだ!”と言われると、“どうせバカですよ”と居直れるけれど、“お前はしょせん高校しか出てないからな”と言われたら傷つきます。下品とか、人間の根幹にかかわることはいくら夫婦でも口にするべきことではありません」

 また、何げないひと言で相手を不愉快にさせることも。

「“いい年して○○”というのも避けたほうがいいですね。イメチェンしようとちょっと派手な服を買ってきたのに、夫から“いい年して”と言われたら面白くないでしょう。趣味嗜好に土足で踏み込むと夫婦げんかを悪化させます」

※女性セブン2013年12月26日・2014年1月1日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング