中国の販売業者がXmasに爆発的売り上げ期待する日本製商品は

NEWSポストセブン / 2013年12月18日 16時0分

 2013年は後に雑誌の「SEX特集」が流行した年として記憶されることになるだろう。それに伴ってぐっと一般化したのがラブグッズだ。しかも、勢いは日本だけにとどまらなかった。

 11月11日は日本ではポッキーの日として定着しつつあるが、隣国中国では1本の棒が並ぶことから「独身者の日(光棍節)」として知られている。

「独身の方は家にこもってネットショッピングを」と大手通販サイトが呼びかけたこともあり、多くのネット通販会社がホクホク顔になったのだが、中でも売れに売れたのは中国で「自慰杯」と表記されるアダルトグッズ「TENGA」だった。

「ふだんは出荷ベースで1日100万元(1700万円)分くらいしか出ないのですが、この日1日だけでなんと240万元(4080万円)分も売れました。もちろん各店舗の在庫もありますから、それと合わせると相当な額のTENGA商品が売れたことになります」(中国でTENGAを販売する「雅心」担当者)

 4000万円というと大した数字ではないように感じるかもしれないが、中国の物価水準を考慮に入れると、2億円にも相当する額だという。

 しかも、一時的なブームでは終わっていない。前出の雅心担当者が続ける。

「独身の日から派生して12月12日にも通販サイトがキャンペーンを仕掛けたのですが、それが始まった途端に2万4000ものアクセスが集中、サーバーダウンしてしまいました」

 人気に伴い、同社には中国人ユーザーからのファンレターも数多く寄せられているという。

「この快感を知らずに死ぬわけにはいかなかった。ありがとう」という感謝の言葉あれば「TENGAさえあれば一生彼女は要らない!」という大胆な宣言も。それとは正反対の「右に彼女、左にTENGA。どっちも失いたくない」という“リア充”からの便りもあったそうだ。

 次の商戦は中国で「聖誕節」と呼ばれるクリスマスだ。広大な国土を持つ中国では遠距離恋愛カップルが少なくない。「浮気防止に彼女が彼に贈るケースも多い」(雅心担当者)というから、また爆発的な売り上げが期待できそうだ。

「日本は嫌い」でも「TENGAは手放せない」。それが中国の若者の本音なのだ。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング