エマ・ワトソン SNS投稿への対策は「お洒落な場所行かない」

NEWSポストセブン / 2013年12月19日 7時0分

写真

5月、カンヌ国際映画祭に登場したエマ・ワトソン(C)Kazuko Wakayama

 10年間に渡ってメガヒットをし続けた『ハリー・ポッター』シリーズのヒロイン、ハーマイオニー役で若くして世界的なスターとなったエマ・ワトソン(23才)。シャネルの香水のミューズやバーバリーの広告にも起用され、ファッション・アイコンとなったエマが、最新作として選んだのは、女性たちの大きな支持を集めるソフィア・コッポラの新作『ブリングリング』(公開中)である。LAで実際に起きたセレブ宅ばかりを狙った高校生による窃盗事件を描いたこの作品で、エマは窃盗団の中心的存在の“ニッキー”を演じ、優等生的イメージを脱却。新境地を開拓した彼女に話を聞いた。

――“ニッキー”は、エマ・ワトソンのイメージとかけ離れたキャラクターだけれど、なぜこの役を引き受けたの?

エマ:脚本を読まないで、出演を決めたのよ。ソフィア・コッポラの大ファンだったから。確かに“ニッキー”は、不快な人間よね。正直言って、最初は演じるのが難しかった。彼女の身になって考えることとか、普段の演技方法はできなかったから。でも、それが女優の醍醐味だと思うの。それに、彼女の考え方を理解するようになってからは、よりリアルに演じられたと思うわ。

――セレブリティへの憧れが、この事件のひとつの要因になっていますが、憧れられる側としてセレブ文化についてどう思う?

エマ:今のセレブのファッションやライフスタイルに憧れる風潮は、インターネットの普及によるところが多いと思うわ。グーグルやFacebook等のSNSがなければ実際のセレブの姿や写真なんてわからないでしょ。しかも、今では個人が写真を取ってSNSに投稿することができるし、ある意味それは各個人がそれぞれのモデルとかセレブとして成立できるってこと。それは10年前とはまた違う状況よね。

――あなたは“狙われる側”ですよね。

エマ:神経質になることもあるし、怖いと感じるわ。だからプライバシーに関しては気を付けているの。できる限り一般人と同じように過ごそうとしている。自分に対する不愉快な情報とかは、入れないようにしたり、対処しているわ。私にまったく関心がないような人たちがいる環境で過ごすとか(笑い)。流行だったりおしゃれだったりするクールな場所には行かないの。

――撮影中、楽しかったエピソードはありますか?

エマ:盗みに入るシーンはとてもスリリングだったわ。夜、私たちは盗みに入る家の前に集合して、ソフィアから、盗むべきもののリストだけを渡されたの。自分たちで家への入り方を見つけなきゃいけなくって、結局私たちは2階から入って、リストにある赤い靴とか黒いバッグどかを駆けずり回って探したわ。実際に泥棒の気分を味わえたってワケ。正直、居心地が悪かったし、すごく疲れたけれど、結果としてはすごく面白い体験だったわね。

――もしセレブリティーの家に空き巣に入れて何かを盗めるとしたら、誰の家に入って何を盗みますか?

エマ:ソフィアね。で、彼女のワードローブを盗みたいわ(笑い)。彼女のスタイルは大好きなの。

取材・文■立田敦子

『ブリングリング』
ソフィア・コッポラ監督が、5人の少女が引き起こした被害総額3億円に上る実際の窃盗事件を映画化した青春ドラマ。ハリウッドセレブに憧れを抱く若者たちが、セレブの家に侵入し、高級ブランド服やジュエリーの数々を盗み出すさまを、スタイリッシュな映像で描く。渋谷シネクイント他にて公開中。

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング