日本一暑い高知・四万十市「天然鮎の漁獲高が7割減」の悩み

NEWSポストセブン / 2013年12月24日 16時0分

 2013年夏、突如「日本一暑い町」に躍り出たのが、高知県四万十市だった。8月12日、国内観測史上最高の41.0度を記録。埼玉県熊谷市と岐阜県多治見市の持つ「40.9度」を抜いた。この出来事は四万十市の知名度アップに大きく貢献したようだ。四万十市の中平正宏市長がいう。
 
「多くのメディアに取り上げてもらい町の認知度が上がったと実感しています。これまでは“四国のどこかにある町”“四万十川の辺り”の認識だったのが、具体的な場所までわかってもらえるようになりました」
 
「暑さ日本一」を町おこしに活用しようという動きもある。地元の商工会では、気温41度にちなんで『41』をロゴにしたTシャツやタオルも販売。多治見市や熊谷市と協力して「暑い町サミット」(仮称)なるイベントも開かれる予定だ。
 
 しかし、一方では猛暑による影響を心配する声もある。同市の重要な観光資源である鮎のこの年の漁獲高が例年の7割減となってしまったのだ。
 
「私自身は、暑さのせいというより渇水によって鮎の餌となる苔が少なくなったことが大きいと思っていますが、いずれにしても四万十川の鮎を観光客の方々に食べていただけなくなるのは大問題。今後は、猛暑ナンバー1のメリットとデメリットの両方を踏まえたうえで、様々な対策を練っていきたい」(中平市長)
 
 暑さ日本一が吉と出るか凶と出るか。
 
※週刊ポスト2014年1月1・10日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング