落合博満GMと白井文吾オーナーは完全に癒着だと評論家が指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月25日 16時0分

「バカ」を常用する関東などの地域の人が「アホ」と言われると、バカよりも侮蔑の意味を強く感じてしまう。ところが「アホ」を常用する地域では、ときにその言葉は親しみと温かさが込められている。野球評論家の江本孟紀氏も「アホ」を常用する地域出身のため同じように愛着を込めて「アホ」とよく口にする。その江本氏に、2013年の日本球界の「アホ」なこととして中日の不振について語ってもらった。

 * * *
 中日も弱かったですね。それを立て直すべく、落合博満がGMとして招聘されましたが、僕は白井文吾オーナーには疑問がありますね。完全に癒着じゃないですか。

 一野球選手だったヤツと大新聞社のオーナーがつるんで、会社の中の気に入らないヤツを全部クビにした。OBを中心に後継者を育てようとしていたはずが全部いなくなった。

 実はある選手が、今年から二軍監督を要請されていたんです。それが落合がGMになった途端に、「お前いらん」といわれたと。

 オーナーの鶴の一声で不可解な人事が行なわれる、これは良くないと思います。

※週刊ポスト2014年1月1・10 日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング