江本孟紀氏「メディアは落合GMを持ちあげすぎ」と冷静に指摘

NEWSポストセブン / 2013年12月27日 16時0分

「アホ」の語源は中国南部の方言で「おばかさん」と親しみを込めて使われる言葉だ。だから「アホ」とは決して蔑みの言葉ではない。野球評論家の江本孟紀氏も「アホ」という言葉を良く使うが、それは愛着を込めたものだ。その江本氏に、2013年の日本球界の「アホ」なこととして中日に就任した落合博満GMについて語ってもらった。

 * * *
 中日の白井文吾オーナーのような素人オーナーを手玉に取る落合も大したもんだとは思いますが、ちょっとメディアは落合を持ち上げすぎですよ。彼は単に目立ちたがり屋なんだから。

 正論を吐くのは結構だが、彼には責任が伴っていないのが問題なんです。

 GMという絶大な権限を与えてもらったんだから、「勝てなければオレの責任」といった“公約”を出すのがスジでしょう。だけどそんなセリフ聞いたことがない。自分は安全なところにいて、クビや年俸を切りまくっているだけじゃない。

 確かに日本のGM職の定義は曖昧です。阪神の中村勝広GMを見ればわかるが、何の仕事をしているかさっぱりわからない。

 メジャーでは、GMは監督よりも先にクビを切られますが、日本は逆でしょう。

 来季、中日がダメなら谷繁元信が責任を取らされるのは目に見えている。落合のことですから、それを理解した上で立場を利用しているのかもしれませんがね。

※週刊ポスト2014年1月1・10 日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング