ネットで自殺予防の相談 「命の番人」を続ける若者の真意は

NEWSポストセブン / 2013年12月26日 16時0分

 たったひとりで、ネットで自殺願望を持つ人からの相談を続けている若者がいる。取り組みは世界の研究者から注目も集めている。彼はなぜ、そのような取り組みを始めたのか。コラムニスト・オバタカズユキ氏が取材した。

 * * *
 唐突で恐縮だが、「死にたい」と思ったことはあるだろうか。あるいは、もう生きるのがつらくて「助けて」と叫んだことはあるか。

 そうした心のSOSを、スマホで検索エンジンの窓に打ちこんでみたとする。すると、例えば「死にたくなったあなたへ」というサイトの広告が、検索結果の上のほうに表示される。

 クリックしてみたら、メール相談を受けつけますとの案内。気軽に自分のつらい思いを書きこめる画面なので、「すべてがイヤなんです!」というような文言を打ちこむと、ほどなくして相談員から「どうしましたか?」とレスが来る。

 人によってはそこで終わる。でも、人によってはそこから数十回のメールのやりとりが行われる。そして、相談員が必要と判断した場合、うつ病診断サイトでのチェックを勧められ、精神科病院の受診を検討してはどうかと提案される。お金の問題がからんでいる場合は、生活保護の申請の手続きを教えてくれることもある。これらすべて無料で――。

 おそらく日本で、いや、世界でもまだ誰も手がけていないそんなネットの自殺防止活動を、一人で立ち上げ、一人で運営している20代の男がいる。その名はJiro ITO。当記事のUP段階では、「OVA(オーヴァ)」というNPOを立ち上げるべく奮闘中、その第一歩としてブログの「壁と卵」を開設したばかりだ。

 数か月前にその存在を知った私は、「社会貢献をしたい若者が増えているというが、まあ、自殺防止活動を一人でやるとは怖い者知らずだ。面白い!」と勝手に盛りあがって、Jiro氏の動きを追っていた。そのうちネット界で話題にする人もだんだん増えてきて、ついに先日、「世界デビュー」を果たしてしまった。

 年の暮れも押し迫る12月16~18日、東京・秋葉原の巨大複合型オフィスビルで行われた「WHO世界自殺レポート会議及び関連行事」なる大イベント。2020年までに世界の自殺死亡率を10%減少させる目標に向け、世界各国から自殺防止の研究の専門家たちが集結するグローバルな学術会議だ。その最終日の午前プログラムで、和光大学専任講師の末木新氏が「インターネット・ゲートキーパー」(インターネットを使った「命の番人」ぐらいの意味)と題して、Jiro氏の活動を報告した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング