餃子の王将 過酷研修、全裸、三代目失踪等のトラブル抱える

NEWSポストセブン / 2013年12月25日 7時0分

『餃子の王将』を展開する王将フードサービスの社長・大東隆行さん(享年72)が2013年12月19日の午前5時40分頃、自家用車で出社したところを、拳銃で撃たれ、殺害された。事件後に行われた記者会見で、同社は「思い当たるようなトラブルはない」と説明したが、実際にはさまざまなトラブルが発生していた。

 2013年6月、労働組合書記長やルポライター、大学教授などで構成された委員会によって実施されている「ブラック企業大賞」に餃子の王将がノミネートされてしまったのだ。

 選考理由は主にふたつ。まずは2013年2月、京都府内の店舗で調理などの業務を担当していた25才の従業員が王将フードサービスを相手取り損害賠償を求める裁判を起こしたことだった。

 長時間労働のためにうつ病を発症し、2011年4月から休職を余儀なくされたという同従業員。うつ病を発症する直前の6か月の時間外労働は平均して月に約135時間だったという。

 また、過酷な新人研修についても取り沙汰された。逃げ場のない合宿形式で行われる研修では、朝6時半からランニングをし、夜は11時に消灯。携帯電話からテレビ、新聞、たばこまで禁止される。挨拶などの基本動作やオリジナルの「王将体操」などで合格点を取らない限り、修了は認められない。

「研修では講師役の先輩従業員の怒号が飛び交い、泣き出してしまう新入社員も少なくないそうです」(飲食業界関係者)

 この様子はテレビでも放映され、視聴者から非難が集中したというが、大東さんは意に介すことなく<自分を切磋琢磨しなければ研修にならない。愛情を持って育てたいからこそ厳しくしている>と雑誌のインタビューで反論している。

 2013年に大きな話題を呼んだのが、9月に起きた“裸さらし事件”だ。2012年12月、石川・金沢片町店に近くのショーパブの従業員の男性らが押しかけ、裸になって写真を撮影。ネット上に公開されたことが9月に多くの人の目に触れることとなったのだ。

 裸になった男性たちは「店の許可を取ってやった」と主張していたが、警察はその後、店側からの告訴を受け、威力業務妨害と公然わいせつの容疑で立件。威力業務妨害については不起訴となったものの、公然わいせつの容疑については、軽犯罪法違反の罪を適用し、9人を略式起訴した。

 さらに2008年2月には、創業家で仰天のでき事が起きている。創業者の長男・加藤潔さんの息子の3代目社長・貴司さん(40才)が長男(9才)を連れて失踪してしまったのだ。

 大東さんは、至近距離で4発撃たれており、犯行の目撃者もいない。“プロ”による犯行と見られているが、前述したような一族のトラブルが今回の大東さんの事件とどうかかわっているかはわからない。

※女性セブン2014年1月9日・16日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング