『スター誕生!』Dが明かす 小泉は天才型、中森は熟成型

NEWSポストセブン / 2014年1月2日 16時0分

『ザ・ベストテン』でも常連だった中森明菜や小泉今日子。彼女たちを世に輩出したのが『スター誕生!』(以下、『スタ誕』)だ。

『スタ誕』は、1971年から12年間続き、花の中3トリオやピンク・レディーなど数々のアイドルを生んだ伝説の オーディション番組。

「百恵ちゃんは白っぽいオーラが見えた。審査会場でただ座っているだけなのに、そこだけフワッと浮き出て見えました」。

 こう話すのは、当時同番組のディレクターだった金谷勲夫さん。

「小泉さんは、友だちの付き添いがてら来て合格した天才型。歌の技量を度外視して、存在がすでにアイドル。一方、明菜ちゃんは2回落ちてもめげずに挑戦してきた熟成型。審査員から『幼く見える』と言われると、次の回は大人っぽいメイクと衣装で来る。『まだ幼く見えますか?』と、頭のいい子でしたね」(金谷さん)

※女性セブン2014年1月9・16日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング