看護師のデリカシーのない赤ちゃんへの発言に妊婦が激怒

NEWSポストセブン / 2014年1月2日 16時0分

 36才主婦がデリカシーのない看護師に激怒。いったいどんな話かというと――。かなりひどい話でした…。

 * * *
「ヤッター!」

 トイレの便器に腰かけながら妊娠検査薬を片手にガッツポーズ。待望のふたり目を授かった私は姉となる長女を連れて産婦人科へ。

 ところが、そこの看護師があまりにデリカシーがないことに驚いた。だって、超音波で子宮内の胎児を映しつつ、

「ほぉ~ら、お姉ちゃん、よく見てごらん。この、小さくてうにょうにょ動いてる気持ち悪いのが、赤ちゃん。あなたの弟ちゃんか妹ちゃんになるんだよ(満面の笑み)」だって。

 ちょっと! そんな言いかたじゃ、みもふたもないじゃないっ!と、ブチキレそうになったんだけどさ。ホントにみもふたもないのはその後。

 わが娘よ、おまえも「ふ~ん」って、水族館来たときみたいなもの珍しそうにのぞき込むんじゃないっ!

※女性セブン2014年1月9・16日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング