石田衣良氏 日本にも「物乞いする子ども」が出現すると危惧

NEWSポストセブン / 2014年1月4日 7時0分

写真

正義が恐怖の的になっている、と石田衣良氏

 NEWSポストセブンの年始恒例企画、直木賞作家石田衣良氏へのインタビューをお届けする。「2013年、世界は日本化した」。(取材・構成=フリーライター神田憲行)

 * * *
 2013年は世界中が「日本化」して苦しくなったと感じました。「日本化」というのは、低成長、デフレ、格差、国の債務の大膨張の4点セットですね。ダメになるときはみんな同じ経路をたどる。景気が悪くなって中間層が削られて下にどんどん落ちていって、権利とか頭、アイデアで稼げる人が安い労働力を使ってどんどん収益を上げていくというのが全世界の共通パターンです。

 日本ではそれを「格差社会」と呼んでいますが、去年、フランスのリヨンでブックフェスティバルに参加して驚くような経験をしました。向こうのジャーナリストにインタビューを受けていて「格差社会」と私が言うと、現地のフランス人通訳が「訳せない」というのです。「ピラミッド型社会でいいですか?」と言われました。リヨン滞在中、あちことで子どもの物乞いをみました。先進国にそんな人たちがいることも衝撃的で、もう「格差」というのはフランスでは当たり前だったんですね。アメリカや日本のようにぶ厚い中間層がいてみんな自由で、という感じではなかったんだな。

 格差社会の嫌なところは、ヘイトスピーチのような民族主義が頭をもたげてくるところです。これは生活保護バッシングと同根だと思います。

 いま日本人の中で正義感がものすごく敏感なものになっている。自分は辛い苦しい生活だけど「正義」を貫いて生きている。そこにちょっと豊かだったり不正義が社会にあると、猛烈な嫉妬心で叩きまくる。今の若者は非正規労働者が多い。バイトして生活していたら、憎しみがたまるのも仕方ないんですよね。自分たちのアガリをかすめて良い暮らしをしている奴らがいるわけですから。正社員でも若い人はどこでも死ぬほど働かされますから、彼らも怒りがたまっていく。いまいちばん怖いのは「正義」ですよ。今の社会の恐怖の的は「正義」ですね。

 自分を相対化してみる目も、なかなか育ちにくい。みのもんたさんの問題もそうなんですよ。バッシングを始めると集団で歯止めがきかない、思考停止してしまうところが私たち日本人の中にすごくあると思うんです。あの流れのなかで「そこまで叩くこともないんじゃない?」とひとりも言えない。みんな正義とか世の中の暴風雨のなかには立ち向かえない。今の日本ではある種引いた目だったり、世の中を相対化したり、時代性をもって見る目がもう機能していないなというのが、実感です。今の社会は次から次へとターゲットを探しているからそれに当たってしまうとどうしようもない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング