談志の下で26年過ごした志らくが師匠の人となりを明かした本

NEWSポストセブン / 2014年1月13日 16時0分

【書籍紹介】『談志のことば』立川志らく/徳間文庫/620円

 亡くなった師匠・談志のもとで過ごしたのは26年。その間、師匠が発した数々の言葉をもとに当時の思い出を語りながら、立川談志のいいたかった本音とその人となりを明かす。芸人としての「プライド料をよこせ」、最後の言葉「電気、消せ」の真意とは。

※週刊ポスト2014年1月17日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング