ソチ五輪 浅田真央の金はトリプルアクセルの完成度次第か

NEWSポストセブン / 2014年1月6日 16時0分

 2月7日から始まるソチ五輪のフィギュアスケート。開催までに、これだけは押さえておきたい3大ポイントを、スポーツライターの折山淑美さんに聞いた。

【真央VSヨナ 女王対決再び】

 浅田真央とキム・ヨナの2人は、1990年9月生まれで、スケートを始めたのも同じ5才から。まるで、生まれた時からライバルになるのが運命づけられていたかのようだ。

 初対戦となった2004年のジュニアグランプリファイナル以降、続けてきた2人(ちなみに、この時は真央が勝利)の世界のトップ争いに最終決着がつく。2010年、バンクーバー五輪対決では、「007のテーマ」をボンドガール並みの妖艶さで踊り上げたヨナに軍配が上がった。4年経ったソチでは、真央のリベンジなるか?

「ヨナは、ルッツからの3回転3回転を跳んでくる上、加点がつく美しいジャンプに定評があります。演技は正確で、本調子に戻れば、本番でも安定した滑りを見せるでしょう。真央ちゃんには3回転3回転がありませんが、トリプルアクセルの完成度を高めるのが第一条件。ほかのジャンプやスピン、ステップや滑りの技術は精度を高めていて、芸術的要素点も高得点を獲得できているので、金メダルへの確率は高くなっています」(折山さん)

【注目の海外男子選手】

 折山さんの注目は、カナダのパトリック・チャン選手。2011年から3年連続、世界選手権で優勝中の金メダリスト“大本命”だ。

「エッジが氷に吸い付いているかのような重厚な滑りが魅力です。基本に忠実な滑りなんですが、その基本レベルが抜群に高いので、ひとつひとつの所作がため息が出るほど美しい。ぜひ見てください」

 そのチャンに、日本代表の3人(羽生結弦、町田樹、高橋大輔)がどれだけ食い込んでいけるのか期待したい。

【五輪初登場の団体戦】

 ソチ五輪から始まる団体戦。男女各シングルとペア、アイスダンスの順位を合計ポイント化して競い合う。日本を含む10か国が参戦する。

 日本のシングルは、SPとフリーを別の選手が滑るとみられる。ペアは、高橋成美(21才)と木原龍一(21才)、アイスダンスは、日本人の母を持つキャシー・リード(26才)、クリス・リード(24才)姉弟。このメンバーでメダルを目指す。

※女性セブン2014年1月23日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング