元アップル日本法人代表が語るS・ジョブズから学んだこと

NEWSポストセブン / 2014年1月14日 7時0分

 日本人って、変わらない力はめちゃめちゃ強いですよね。どう見たって今の時代に合わないのに、これは決まりですからって。イノベーションだとか、新しいブレイクスルーが必要だと言いながらしない。かつダイバーシティ(多様性)だと言いながら画一的に進んでいる。最近のビジネスキーワードトップ3ってイノベーション、ダイバーシティ、グローバリゼーションなんですが、グローバル化も含めてぜんぜんできていないことが問題だと思いますね。みなさん、人と違うことを恐れず、自分らしい人生を生きましょう。

【前刀禎明(さきとう・よしあき)】
1958年生まれ。愛知県出身。慶應義塾大学大学院管理工学修士課程修了。人材教育会社リアルディア代表。『めざましテレビ』(フジテレビ系)で独自コーナー「さきつぶ」を担当。ソニー、ウォルト・ディズニー・ジャパンなどを経て1999年にライブドアを創業。2004年にアップル米国本社のマーケティング担当副社長に就任。同年アップル日本法人代表取締役を兼務。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング