自由かつ大金稼ぐフリー女子アナ やっかみの対象になりがち

NEWSポストセブン / 2014年1月17日 16時0分

 2010年に日本テレビを退社した脊山麻里子アナ(33)が水着グラビアを披露したことで、局内は何かと彼女の噂でもちきりだという。日テレの女子アナたちが「退社組」に厳しいのには理由がある。

 2010年、日テレでは「実質賃金3割カット」ともいわれる給与体系の変更が行なわれた。以降、西尾由佳理アナ(36)、夏目三久アナ(29)、宮崎宣子アナ(34)ら、有名アナが続々と退社し、フリーとなった。女子アナではないが、アイドル的人気を誇った丸岡いずみ(42)も2012年に退社している。

 それぞれ活躍しているが、特に西尾アナや夏目アナはCMやバラエティに引っ張りだこ。「収入も2倍増、3倍増じゃきかない」(広告代理店関係者)といわれているのだから、会社に残った女子アナたちが面白くないのも無理はない。

「ウチの局は、木村優子アナウンス部長(53)をはじめ、お局連中の締め付けが厳しいことで有名ですからね。アイドル扱いされる若手アナへの風当たりが強いので、なかなかエースが育たない。

 水卜麻美アナ(26)や鈴江奈々アナ(33)など、コミュニケーション能力の高い女子アナしか生き残っていないのが現状。それでもフリーではやっていけない女子アナは、局に残るしかない。自由な立場でのびのびやって、しかも稼いでるフリーは、やっかみの対象になりやすいんです」(日テレ社員)

 とはいえ、大量退社によって人材難となった日テレは、フリーアナたちの活躍なしには成り立たない。『Oha!4』の屋台骨を支えているのはフリーの中田有紀アナ(40)だし、夜の『NEWS ZERO』の顔も、山岸舞彩アナ(26)だ。

「ただしプロデューサーのセクハラ更迭事件以降、山岸アナへの風当たりは強い。もともと、局アナからは“視聴率が変わらないなら、あの子を使う必要ないじゃない”と不満は大きいですからね。山岸アナも自分の立場は気にしているようで、仕事始めとなる1月6日は、デスクやプロデューサーなどには何度も頭を下げて挨拶回りをしていた」(『ZERO』のスタッフ)

 日テレ内に流れる冷ややかな空気を象徴するエピソードだ。

※週刊ポスト2014年1月24日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング