たかじんさん 遺書に親族葬儀出席せぬよう明記は妻への配慮

NEWSポストセブン / 2014年1月16日 16時0分

 食道がんで闘病生活を送っていたやしきたかじんさん(享年64)が、1月3日に亡くなった。

 たかじんさんは、21才で結婚、長女をもうけるも、6年で離婚。「もう一生結婚しない」と語っていたが、1994年に15才年下のモデルと再婚。だが、その結婚生活も11年で破綻してしまう。そして最後の妻となったのが、昨年秋、入籍した32才年下の新妻・A子さん(32才)だった。

「奥さんとは闘病生活に入る前からつきあっていました。病気になってからは、付きっきりで看病していたそうです。昨年3月に一時復帰した直後には、祗園の行きつけの店で、親しい友人たちに、彼女のお披露目パーティーを開くほど、たかじんさんは、べた惚れでした」(在阪芸能関係者)

 昨夏、都内のホテルの和食店では、こんな夫婦の姿が目撃されている。

「もう量をたくさん食べられないようで、たかじんさんは、ゆっくり時間をかけて食べていましたね。お酒も飲んでいませんでした。奥さんは、そんなたかじんさんを心配そうに見つめていましたね」(目撃した客)

 だが、この献身妻に対して、たかじんさんの死後、思わぬ報道が…。『女性自身』(1月28日号)によれば、たかじんさんの母親や親族に、彼の死が伝えられたのは、死後4日後で、そのときにはすでに遺体は荼毘に付されていたため、最後の対面も叶わなかったという。その連絡をしなかったA子さんに対して、親族が怒っているというのだ。

 かつて父親に勘当されたたかじんさんだったが、晩年こそ実家に顔を見せることはなかったものの、母親の喜寿のお祝いには参加するなど、家族との交流も持っていただけに、亡くなった連絡をしなかったというのはいったいどういうわけだろうか。たかじんさんの実家を訪ねると、彼の弟の妻を名乗る女性が答えてくれた。

「母も含め、うちの者は誰も(葬儀には)行っていません。奥さんについては新聞で結婚を知ったぐらいで、どんな人か、お顔も知らないので…。私たちも報道以上のことは何も知らないんです。申し訳ないですが、この辺で…」

 葬儀に親族は誰も行かなかったことは認めたが、A子さんへの思いを明かすことはなかった。だが、親族不在の葬儀には、たかじんさんの妻への“愛”が込められていたのだという。

「たかじんさんは、自身の死を悟ったときに、病室に弁護士を呼び寄せ、遺言を書いたそうです。そこには葬儀に誰を呼ぶかなども書かれていたみたいなんです。たかじんさんは、A子さんを母親や親族には会わせぬままだったため、葬儀の場でいきなり会うことになったら、面倒なことになり、これまで支えてきてくれた彼女を苦しめてしまうことになると考えたのでしょう。

 ですから、彼女のために母親を葬儀には呼ばないようにしたそうです。たかじんさんらしい“愛の形”ですよね」(たかじんさんの知人)

 実は、1月9日から月末までハワイへ旅行する計画を立てていたというたかじんさんとA子さん。

「出発前からハワイの別荘に、大好きな高級葉巻や高級ワインを取り寄せて、滞在の準備をしていたそうです。それで夫婦水入らずの時間を楽しもうとしていたみたいなんですよ…」(前出・知人)

 ハネムーンは幻となってしまったが、A子さんはたかじんさんの“愛”に今、しっかり包まれていることだろう。

※女性セブン2014年1月30日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング