葛西紀明 海外勢から伝説と称され「カミカゼ」の渾名も持つ

NEWSポストセブン / 2014年1月26日 16時0分

 1998年長野五輪の「日の丸飛行隊」の奇跡──日本中がジャンプ日本代表の団体戦での金メダルに歓喜するなか、会場では一人の男が悔し涙を流していた。葛西紀明(41)、当時25歳だった。
 
 当時からジャンプのエース格だったが大会2か月前に左足首捻挫。団体戦メンバーから外れ、個人のみの出場(ノーマルヒル7位)を余儀なくされた。全国紙運動部記者がいう。
 
「その落ち込みようは半端ではなかったです。実は、葛西は長野五輪前年に火事でお母さんを亡くしていた。生前、『お前は絶対にできる子だから(五輪でも)頑張って』といった内容の手紙をもらっていたようで、母を弔うためにも何としてでも金メダルを取りたかった。その悔しさが現在の彼のモチベーションになっているのは間違いないでしょう」
 
「悲劇の人」とよくいわれる。実は、長野五輪直後に当時の所属先・地崎工業が廃部に。その4年後の2002年ソルトレークシティ五輪でも直前に所属先のマイカルが倒産。移籍先探しに時間を取られ、結果は2種目とも40位台だった。スポーツ紙デスクはいう。
 
「大舞台に弱いというレッテルを貼られていますが、その裏事情は案外知られていない。そうした試練にもめげず、競技者としての彼は『実直そのもの』です。
 
 30代の頃から自宅に“いじめ部屋”と呼ぶウェイトトレーニングの部屋をもっていて、筋トレマシーンで体をいじめ抜いている。今もフィジカルデータは日本代表でもトップクラスです」
 
 そうした姿勢が評価され海外ジャンパー勢の間では、「レジェンド」と称されるに至った。そしてある時からもう一つ、渾名がついた。カミカゼ・カサイ──。
 
「欧米人から見て一番センセーショナルなのは、彼が笑いながら飛んでいること。どんなベテランジャンパーでも踏み切り前は足が震え、失禁する人もいる。それを笑いながら飛ぶ葛西の姿が欧米メディアのカメラが映した際、『現代のカミカゼだ』との声があがりました」

 今も遠征には母の手紙を持っていくという。ソチ五輪で7大会連続出場、しかも史上最年長の主将という大役。長野の“忘れ物”を取りに行く日は近い。

※週刊ポスト2014年1月31日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング