熱愛報道の有働由美子アナが結婚をためらわざるを得ない理由

NEWSポストセブン / 2014年1月24日 7時0分

 NHKの『あさイチ』でメーンキャスターを務める有働由美子アナ(44才)に、内野聖陽似のイケメン男性Aさん(39才)との交際報道が登場している。Aさんの友人によれば、「週末同棲状態」という2人だが、Aさんとの姿をキャッチした翌朝、彼との交際について有働アナを直撃すると、笑みを浮かべて、「すみません、何も答えられないんです」と言うのみだった。

 結婚の話題を振ると、一転、表情を曇らせ、「それはないです…。今のところは…。私の年になると、世間が思っているように、つきあって、すぐに結婚してハッピーハッピーというわけにはいかないんです」となぜか、結婚については極めて否定的なのだ。

 彼女がこんな苦渋の表情を浮かべるのには理由があった。有働にゾッコンなAさんだが、結婚ともなると、彼は深刻な事情を抱えていたのだ。

「実は、Aさんはバツイチなんです。しかも、前の奥さんとの間には、3人の娘さんもいるんですよ…」(Aさんの知人)

 この知人によれば、Aさんは2年ほど前に前妻と離婚したばかり。3人の子供たちは前妻が引き取ったが、いちばん上の長女でさえ、まだ小学校低学年という幼い姉妹で、養育費などはすべてAさんが工面しているのだという。

「離婚したとはいえ、娘さんたちの存在が気になっているみたいですよ。パパが大好きな娘さんたちでしたから…。もし有働さんと再婚すれば、まだ幼い娘たちが複雑な思いを抱いてしまうんじゃないか…って、彼はすごく悩んでいるそうです」(前出・Aさんの知人)

 Aさんの母親を訪ねると、戸惑いの表情を浮かべながらこう話してくれた。

「(有働アナとのことは)息子は何も話さないから、全然知らなかったんです。私も週刊誌の記事を見てびっくりしたくらいで…」

 さらに有働アナとの再婚の可能性については、「一度、離婚してるからね…。子供もいることですし…」とだけ言い、Aさんが抱える悩みをおもんぱかった。もちろん有働アナも、Aさんとの交際を続けるなかで、彼の苦悩を肌で感じ取っているようだ。

「有働さんはAさんとの交際は“最後の恋”だと感じているようで、本音では今すぐに結婚してもいいと思っているはずです。彼女の性格からして、彼の離婚歴なんかは全然気にならないはずですから。でも、幼い娘さんたちのことを考えると、“もう少し大きくなるまで待った方がいいのかも…”とか考えてしまうようです。それに、娘さんたちのことで悩んでいるAさんを見ていると、無理はさせたくないんだと思いますよ。だから、有働さん自身も結婚には慎重になっているんです」(有働アナの知人)

※女性セブン2014年2月6日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング