宝くじ金運アップ術「湯船から出たあとに体を洗う」と風水師

NEWSポストセブン / 2014年1月25日 16時0分

 北海道・旭川で観測史上最低のマイナス41.0℃を記録したのは、1902年1月25日のこと。中国で用いられていた「二十四節気」という暦でも、今が一年でいちばん寒い時期とされている。そんな寒さで冷えきった体を温めるには、お風呂がなによりだ。

「体の汚れを洗い流して、温まることのできるお風呂は、健康にも金運にも効果的です」

 と教えてくれたのは、東洋古代思想研究家で風水アドバイザーの村上瑞祥(みずき)さん。

『易経』という古代中国の占術の本で占うと、2014年の干支「甲午(きのえうま)」は、60年に1度だけ訪れる運気のピークにあたる年だという。宝くじの高額当せんなど、大きな金運を掴むチャンスだ。

 また、『易経』の中にも記されている五行説で「甲午」の年を見てみると、「火」のパワーが強まっている年でもあるという。

「五行説とは、世の中にあるすべてのものは木、火、土、金、水の5つの要素から成り立っているとするものです。その中で金運を呼び込むのは金ですが、今年パワーが強まっている火は、なんと金の力を弱めてしまうんです」(前出・村上さん、以下「」内同)

 金運を下げてしまう火。その火を弱めて、金運を守ってくれるのが、「水」のパワーだ。

 そこで今回は、バランスよく水のパワーを得られる開運入浴術を教えてもらった。室内を明るく照らす蛍光灯などの照明は、火のパワーを帯びている。

「湯船につかる時は、照明を消してキャンドルを2本ほど灯すなど、浴室を少し暗くするといいですよ」

 すぐに湯船につかると、全身にまとわりついた「悪い気」がお湯に移ってしまうという。つかる前には、必ずかけ湯をして。

「白色には、金運を引き寄せるパワーがあります。乳白色の入浴剤などを入れると、運気がアップします」

 そのうえで全身浴を20分行えば、水のパワーと金運をたっぷり受け取ることができる。ただし、お湯が熱すぎると火のパワーが金運を溶かしてしまうので要注意。

「石けん皿など、浴室内の小物の色も運気の上昇に大事なアイテム。白色のほか、シルバーでもOKです」

 体が温まると、汗と一緒に「悪い気」も出てくる。

「体の奥底から出てきた悪い気を洗い流すことができるので、湯船から出たあとに体を洗うことをおすすめします。そのときには、最近起こった『いいこと』を繰り返し考えると、頭の中からも悪い気を追い出すことができますよ」

 入浴後に外出をしたり、テレビやインターネットを見ると、また世の中の悪い気を受け取ってしまう。まっさらな状態でベッドに入るのがベストだそう。

 体調も金運も整えてくれる入浴術で、宝くじ高額当せんを目指そう!

※女性セブン2014年2月6日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング