大島渚を看取った小山明子「1日を大事に生きるようになった」

NEWSポストセブン / 2014年2月12日 7時0分

 夫である大島渚監督を17年に及ぶ介護ののち、2013年1月に看取った小山明子さん(79才)。40才で突然死を宣告され、2012年10月に急逝した流通ジャーナリストの金子哲雄さんの妻で、文庫本『金子哲雄の妻の生き方 夫を看取った500日』を上梓した金子稚子(わかこ)さん(46)。状況も年齢も違うふたりが、「夫を看取ること」について語り合った。

金子さん:私は闘病に1年半寄り添うだけでも倒れそうでした。10年以上っていうのは想像もつかない気がします。

小山さん:死生観が変わりますね。明日ダメになっても悔いのないよう、今日一日を大事に生きるようになりました。あるとき、パパのお誕生日に、鎌倉山に桜を見に行こうと決めていたのですが、あいにくの雨。でも決行したんですよ。

 行ってみたら幽玄の世界。それはそれは美しい桜を見られました。その後、しゃぶしゃぶを食べ、お医者様からはダメって言われてたけど、せっかくだからとお銚子もつけて。最高の気分を味わえたんです。

 もし今日、彼の命が終わっても、いい最期だろうと思えました。だって、桜もこの時期しかないし、誕生日もこの日しかない。今日あんな素敵な桜を見られて、好きなお銚子を2本も飲んで、しゃぶしゃぶも食べられたら大島も全く悔いがないだろうと思えました。

金子さん:金子を休ませ、1日でも長く生きていてほしいのは私も同じ。仕事をセーブしてもらいたくてたまらなかった。でも、考えてみたら私だって明日死ぬかもしれない。だったら本人がしたいことをさせてあげたいと思いました。金子を看取ったせいでしょうか、東京五輪開催のニュースを聞いても“そこまで生きているかな”って本気で思っています。

※女性セブン2014年2月20日号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング