ダボス会議失言の安倍首相 ウォールストリートでの前科あり

NEWSポストセブン / 2014年2月10日 16時0分

 安倍晋三首相は1月にスイスで開かれたダボス会議での外国記者との懇談会(首相自身が実名報道を了承)で、現在の日中関係に関連して「今年は第一次世界大戦から100年目であってですね、イギリスもドイツも経済的には依存度が高かった最大の貿易相手国だったが戦争が起こった」と発言して世界中で大騒ぎになった。

 多くのメディアでは、「日中も英独のように戦争になる可能性がある」という認識として驚きをもって伝えられたからである。国家の代表者がこんな発言をするはずがない、というのが世界の常識である。

 安倍氏は前段で「偶発的な衝突が起こらないようにしていくことが私は重要だと思っています」と言っているから、政府・与党の幹部たちが「悪意ある報道だ」「真意を誤解された」と反発したのは心情的にはわかる。また、通訳が「我々(日中)も似たような状況にある」という言葉を補ったことが誤解を生んだという指摘もある。

 しかし前後の発言を見れば、中国も経済成長は必要だから日本と武力衝突したら大変だとわかっている→大切なのは衝突を起こさないこと→しかし英独も衝突は起きた→コミュニケーション・チャンネルを作るべきだ、という文脈である。

 通訳の補足は発言主旨から外れていないだろう。

 安倍氏には“前科”もある。昨年渡米した際に現地メディアに「靖国神社とアーリントン墓地は同じ」と述べて反発を受けたことだ。日本のメディアは無視したが、少なくとも米インテリ層は今でもこの発言をよく話題にするし、今回の件が「やはりアベは危険なタカ派」と報じられた背景には上記発言が影響している。

 安倍氏には、諸外国の歴史や国民感情に疎いのに生半可な知識を披露したがる軽薄さがある。ウォールストリートで講演し、悪名高きゴードン・ゲッコー(映画「ウォール街」の主人公で金の亡者として描かれる)に日本経済をたとえて「ゲッコーのように日本もカムバックする」と得意顔で語ったのも同じように恥ずかしくて馬鹿らしい。

※SAPIO2014年3月号

NEWSポストセブン

トピックスRSS

ランキング