鈴木京香、井川遥は「日本っぽさ足りぬから欧米で受けぬ」評

NEWSポストセブン / 2014年2月13日 7時0分

 日本男子が大和撫子の理想とするのは鈴木京香(45)、井川遥(37)、堀北真希(25)といったところか。

 しかし、彼女たちについて、「日本っぽさをもっと売りにしないと欧米では受けない」と語るのは、日本でバイリンガルの司会者として活躍するアメリカ出身のジャスティン・パターソン氏。

「例えば松田聖子(51)は米国進出時、髪をアフロみたいな激しいパーマにして、アメリカ仕様になっていた。彼女はアメリカ人が求める日本人女性の希少価値をわかってなかったから当然のごとく失敗しましたよね」

 では欧米人にとっての日本美女の定義とは何か? ニュージーランド出身の日本文化研究家で関西大学准教授のアレキサンダー・ベネット氏は、それは明治時代にまで遡るという。

「明治6年にウィーン万博があり、日本館が人気を博しジャポニズムブームが起きた。そこで日本人形などが紹介され、その姿が日本美人の雛型になったんです」

 そうした日本人形のような顔立ちと武士の妻に代表される控えめで貞淑なイメージが、未だに欧米には根付いているとか。

「外国人が集まるバーに行くとよく理想の日本人女性について居酒屋談議になります。そこで出てくるのは“黒髪ロングのストレート”“丸顔で彫りが浅い”、そして“体は小さいけど胸は大きい”(笑い)」(同前)

 ちなみに昨年末、映画批評サイトが「世界で最も美しい顔ベスト100」(2013年版)を発表。日本人の最上位は32位の石原さとみ。やはり黒髪ロングの大和撫子である。

※週刊ポスト2014年2月21日号

NEWSポストセブン

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング